休学生日記

大学を休学しました。

MacBook Pro2016をとにかく安く買いたかったから値切ってみた。

 f:id:ara_s25:20170729195451j:image

ついに…!


ついに…!


ついに!!!

 

デデーン!!!!

f:id:ara_s25:20170710005436j:plain

 


買いました!!!(壮大な拍手)

 

いや、何をだよ。

これですこれ!

MacBook Pro2016 Touch bar付き

 

f:id:ara_s25:20170729183418j:plain

 

手に入れるまでに半日かけて値切りの旅が始まり

YAMADA、ベスト電気、コジマを全て周り、値切りに値切った結果。

そのお値段は。

 

193,104円(税込)

 f:id:ara_s25:20170729165254j:image

 

20年間でいちばんの買い物です。

 

さて、今回はどこまで値切ったのか。

そして、これからのMacBook Proでやって見たいことを書いてみます。

 

1.MacBook Proを購入したわけ

注:バイトリーダーは沖縄住みなので、沖縄の相場になっちゃいます。(全国共通なのかな...?) 

 

さて、まず今回MacBook Proを購入した経緯の話しをすると、

  • ライターとしての仕事をしやすくしたい
  • 今までのパソコンの動きがおかしくなった
  • カメラもよく使うし、Photoshop、Illastraterとか使いこなしたい
  • カッコいい...
  • スタバでドヤりたい...‼︎
  • I want to watch the Xvideos at the perfect screen.

 

実は僕、ライターとしてもサイトをやっていて。

 

まあ、スマホで記事を書くのは書きづらい。

スマホってインプットするには最高のツールなんですが、アウトプットするにはPCの方が圧倒的ですね。

特にサイトなどはデザインも考えないといけないし。

 

そして、カメラマンとしてよくアー写とかポートレイト撮ったりするのですが、編集はiPhoneLightroomを使っていたんですよ。

別に使えなくはなかったのですが、不便でしたね。

それに、イラストのデザインとか、動画編集はずっとしたかったと言うのもあります。

 

後の気持ちの部分は置いといて、主にこれらがメインで、買う必要があったということです。

 

2.バイトリーダーの値切り術

はい。ここからが大事なところ。

僕が、Mac Book Proをどのように普通より安く買ったのか。

 

  安く買う方法
  • ひとつ前のバージョンを買う
  • 本体価格自体を値切る
  • ポイント還元率を上げる

この3つを使って値切ってみた。

 

まず、大手の3店を回って分かったことは、Apple製品は安くならないということ。

 

なぜ安くならないのか?

 

店員さんが言うには、Apple側からの値段縛りが原因みたいです。

ここは僕の推測ですが、Appleというブランドの価値を下げないためでもあるかもしれません。

 

結果、値切っても178,800円(税抜)が限界でした。

(追記7/29:ネット調べたらAppleが発表した時の本体価格と一緒だった。あれ、騙された?笑)

 

値下げはどうにもならない。ならば、ポイント還元での勝負だ!

今回購入したコジマでは、基本のポイントが3%

 

《ポイント交渉時の会話》

バイトリーダー:今日いろんなお店を回って、もう購入を考えてるんですが...。

        ポイントって上げられませんか?

コジマ店員:んー(電卓ポチポチ) ギリギリ5%ですかね...

バイトリーダー:5かぁ...10は無理ですか...?即買いなのですが。

 

ここでのポイントとして、無理と分かってても10%と言ってみること。

もしかしたらOKが出るかもしれないですし笑

あとひとつ、要望が通れば「即買い」と言う単語を使うこと。

買ってもらえるかもと思わせることで相手の感情を揺さぶります。

 

コジマ店員:さすがに10は...。

バイトリーダー:ですかぁ...。

コジマ店員:ちょっと待っててくださいね!(レジ裏へ走る)

バイトリーダー:(キタコレ‼︎)

ー数分後ー

コジマ店員:お待たせいたしました。

      ただいま上に連絡したところ、7%までならOKみたいです!

バイトリーダー:(よし、許容範囲!)  マジすか!買います!

 

やりました!

本体値切り&ポイント7%ゲットです!

 

3.まとめ

 《値切るポイント》

  • ひとつ前のバージョンを買う
  • 本体価格を値切る
  • ポイントの還元率UP
  • 無理と分かってても、高めのポイント交渉
  • 即買いと言う単語を使って、店員を揺さぶる

 

今回は本体の値下げと、ポイント還元率を上げることができました。

ただ、クレジットの分割だと、ポイントが−2%だったみたいで付属したポイントは5%、結果9,656円安く購入することができました。

このポイントで後日、USB-C専用ハブと、カバンを買いました。

 

実は今回初の値切り体験。ド緊張でした。

でも、意外と安くすることはできたし、ある意味度胸が着きましたね。

それに、YAMADAの手口を嫌うコジマ店員の愚痴も聞けて、面白かった笑

この話はまた別の機会に。

 

値切りは案外できるもんです!

そして値切れた時の嬉しさは半端ないです!

ぜひ、皆さんも「値切りLIFE」を!

 

では!